トップ  >  スポンサー広告  >  スポンサーサイト  >  mabinogi対話  >  それぞれに真実がある 申し開き編

スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ZEROアップデートがきた! | トップページへ戻る | それぞれに真実がある 後編

このページのトップに戻る

それぞれに真実がある 申し開き編

2013年09月13日

*注意*

・「それぞれに(略) 前後編」のあとがき的なものです
・基本的に全部書きたいことだけ書いた蛇足です
・3日間茶番に付き合わせて本当にすみません。マジで









何なんだよこの展開はー!!!マジでこのブログどこに向かってんだよ!!」




「いやー、無事に約半年間に及ぶ茶番に蹴りがついてよかったっすね」




「新たな火種が出来てるんですけど…。あ、でもあの男2人が発展しきったからそっちは無事完結ということに」




『友達編』が終了して『恋人編』が始まるだけだと思うっすよ」




「悪化してるじゃないか!」




・今後のウィザウチュナイネタについて




「そうはいっても今回で中の人が持てるホモ力を使い果たして燃え尽きただろうし、これで最終回ということには…」




「例え力尽き果てようとも、命ある限り無尽蔵に新たな力が湧いてくるダイ○ンジャー理論によりまだまだ続く予定っす」




「そんな汚い気力捨てちまえ!!」




「正式に付き合いだしたということで今後、より直接的な表現が増えそうっすね。注意書きが面倒になるっす」




「もう『友達同士なので何も問題はない』という免罪符は使えないのね…」




「ちなみに最初は全ての元凶こと『Survival Games』の例のジャケット写真を2人で再現して終了、にしたかったみたいっすけど、素材用SSのために服を剥いた段階で『俺何やってんだろう』と正気に戻って断念したらしいっす」




「それは正解」





・唐突な百合展開について




「中の人曰く、最初は百合展開を入れる予定はなかったらしいっす」




「じゃあどうしてこんなことに…」




「最初に書いていた完全に男2人が主軸の完結編は今まで散々バカやってたこのブログにそぐわないほどの超シリアスなネタだったんす。それを途中でボツにして新しく作り直したのがこれなんすよ」




「ふーん…ボツになったのって、やっぱりブログの雰囲気に合わないから?」




「いや、あまりのシリアスな空気に中の人が耐え切れなくなったからっす」




「使えない中の人ね!」




「それで書き直しの際『先輩→鈴さん』の隠し設定も盛り込んで、ついでになけなしの女子力も解放させてゴリラの汚名返上を目論んで、ふと思い出した過去に書いたそれっぽい描写を混ぜたら何故かこういう結果になったらしいっす」




「脳内でどういう化学反応が起きたらそういうことになるの?」




「まぁ経過はどうであれ、私の先輩LOVEは登場時から宿命付けられたまま変わらないっす!」




「私の知ってるオノちゃんはどこに行っちまったんだよ…」





・咲→鈴の隠し設定について




「えー、これ私が語るのか…。まぁ今まで出してた中で一番分かりやすいやつだと、いくら射殺されそうになろうが悉く妨害作業を続けていたってやつだね。あと最近の記事で『婿に行けなくても嫁には貰ってなんとかかんとか』って言ってたじゃん。あれは私が嫁に貰ってやろうと思ってた」




「兄さんのことじゃなかったんすね」




「うん。正直兄さんに対してはずっと『突然空から降ってきたどこの馬の骨とも知れないやつに、長年の付き合いである私が負けるなんて許されん。しかも相手は男なのに!』って印象だった」




「あ、その中の人ですら忘れかけていた設定が絡んできてるんすね」




「でも最近は交易やらシューター才能やらで、すっかりいい男になっちゃったからね…。『鈴が幸せなら私も幸せ』って気持ちは本当だし、この結果には納得してるつもりだよ」




「本音は?」




いやこれ本音だから!別に『リア充死すべし』とか思ってないんだからね!」




「今後も何かと邪魔しにいくことになりそうっすね…」




「あ!今思い出したんだけど、前回私、兄さんに対して『鈴を傷つけたらワンパンでボッコにしてやんよ(キリッ』みたいなこと言ってたけど、よくよく考えたらダッパン前にフレンジー発動即射撃で私がボッコにされるんじゃない?!ダメじゃん!!」





・シースルー水着を着た鈴の画像について




「ゲーム中ではどうしても着れないので中の人が頑張ってGIMPで合成したっす。また手順ミスしたせいで無駄に手間がかかってドット単位の作業になってしまったらしいっす」




「また変なことに労力使って…。ところでオノちゃん、あの水着って色合い的にこの前私から借りていったやつじゃ…」




「そのうち返すっすよ!」




鈴が着たあとのをかよ!何に使われたか分かったもんじゃねぇ!」





・『ティルコネイルの釣り場で…』のことについて




「いわゆる過去編っすね。私が先輩を先輩と呼んでる理由、この『~っす』口調になった理由にも繋がるのでいつか書きたいと思ってるらしいっす」




「それはいつごろ公開されるの?」




「うーん…具体的には分からないっすけど…中の人の気が向いたら?」




「何年経っても気が向かなさそうな予感がするんですけど」





・人生が変わる0.02ミリの差し入れについて




「…使ったのかな?」




「ぶっちゃけ兄さんってそういう知識0っすからね…」




「そういった煩悩自体はあるはずなんだけどなぁ…」





・その他




「基本的に中の人は文章力も構成力もないゴミクズなんで、表現しきれてない描写、回収できてない伏線、矛盾、いろいろあると思うっす。本編中も本当は小説みたいに場景描写みたいなのができたらよかったんすけど…。まぁ細かいことは『笑って許して』ということで」




「なかなか酷いオチを見た」




「ということで、超級者向けマビ(仮)ブログとなっていく予感しまくりで先行き不安な『緑狐は空を辿る』を今後ともよろしくお願いするっす!」




「こんなんだから面識ない人からもBL┌(┌ ^o^)┐ホモォネタブログとして認知されてるんだろうなぁ…」
スポンサーサイト

ZEROアップデートがきた! | トップページへ戻る | それぞれに真実がある 後編

このページのトップに戻る

コメント

いやぁ、お疲れ様でした!!
大団円(?)が見れてホクホクです!!(/ω\*)
ちょっぴり切ない感じもしましたが(´・ω・`)
二人がくっついて嬉しい限り!

これからさきさんのブログがどういう方向に進んでいくかが楽しみですね!(´∀`*)ウフフ

>タカハさん

半年間好き勝手やってた茶番がようやく…!
いろいろ想定外な展開にもなりましたが、無事2人をくっ付けることができてよかったと思ってますw
あとは同性婚が実装されれば完璧なのですが…!ネクソン様はよ!

今後さらに酷いことになりそうな予感しかしませんが、これからも見守っていただけると嬉しいです!

大変楽しく読ませて頂きました(*´ω`*)
いやぁ~、色々と細かい設定が有ったのですねェ~。
兄弟でカップリングかァ(でしたよね!?)
何てステキに鬼畜なんでしょう(^w^)

鈴さんのシースルー水着姿、見てみたいものですわ。
絵師さんいらしたら良いにねぇ(ノ´∀`*)

>雪さん

こんな記事ばかりですみません!
細かい設定というか大半は後付のこじ付け設定ばかりだったりしますw
あ、兄さんとか呼ばれてますけど血縁関係はないですよー。
個人的には兄弟関係のほうが美味しいと思いますけd(以下略)

私もこんなショボいコラ画像でなく、きちんとシースルーを着ている画像が見たいです!

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

プロフィール

斧塚咲季

Author:斧塚咲季
MMORPG「マビノギ」のルエリ→タルラークサーバー、MORPG「PHANTASY STAR ONLINE2」ship9を中心に活動するマイキャラたちのフリーダム日記帳。

ブログ紹介
マビノギキャラクター紹介
PSO2キャラクター紹介



危険なTwitter
(テニプリ中心雑多)

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

カウンター

10万HIT!感謝!
powered by StrayFox~まいごのきつね~

蝶が舞うリースの時計

web本棚

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。