トップ  >  スポンサー広告  >  スポンサーサイト  >  雑記  >  【テニヌ】テニプリで一番の非常識は誰だ!?今一度各校を振り返ってみる

スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

砂祭りというか最早不具合祭りな気がする | トップページへ戻る | イベント参加してきたのにまさかの無SS記事

このページのトップに戻る

【テニヌ】テニプリで一番の非常識は誰だ!?今一度各校を振り返ってみる

2015年08月12日

※注意
この記事に出てくるほぼすべての事例は中学生テニスの試合における話題です





どうも、斧塚です。
ここ数ヶ月に渡ってテニスの王子様とかいう底なし沼に腑の底まで漬かり続け、そろそろこれはこのまま一生抜け出せないのではないか?と思えてなりません。
旧「テニスの王子様」(以下、旧テニ)を順に読み進めているところで、少々「新テニスの王子様」(以下、新テニ)のほうの流れも補完しているのですが、なんかまた最近とんでもない描写で話題になってますね。


今月のテニプリに「パピプペポ」でしか喋らないテニス選手が登場しファンを騒然とさせているようです


正直「新テニ」のほうは高校生集団が無茶苦茶すぎてこの程度では「ふーん」で流せてしまうのが悲しいところです。


(※高校生集団の無茶苦茶な一例
何の説明もなく空中浮遊を披露
・対戦相手を幽霊船上に召還し、背後から骸骨船長がサーベルで刺し殺す
ラケットで空間を削り取り、ボールを受け止める)


そこで少々疑問に感じたことが。

「テニスの王子様に出てくるキャラクターや学校の中で、一番非常識なのって誰なんだろう」

旧テニが完結して7年ほど経過した現在、今更な感じも強いですが、今一度振り返ってみることにしました。
なお高校生まで含めると確実にこいつらが優勝を掻っ攫うので除外、銀華中学校や緑山中学校等のいまいちパッとしない(私的に)学校は除外しています。




・青春学園

主役校のため劇中終始メインとして活躍し、話が進むにつれてどんどん超人化していった。
手塚部長の技「手塚ゾーン」はボールに回転をかけることによってボールをすべて自分の周囲に引き寄せるという技だが劇場版では何故か隕石を召還、恐竜を滅亡させるというトンデモ描写はあまりにも有名。
ゴールデンペアの片割れ、菊丸もシングルスの試合の際「シングルスはやはり苦手→そうだ、分裂して一人でダブルスやろう」というシングルスとして完全に破綻している気がする戦略を取る。
相対的に相方の大石がまともな人物に見えるがこいつはこいつで度々おかしくなる隠れた狂人なので油断は出来ない。
他にも対戦相手として死闘を演じた末敗北した白石が新テニで純金製のガントレットを装着していたことが判明して一気に天才(笑)臭が強くなった不二兄、作中一番最初にテニスで腕を破壊された河村、大正義主人公リョーマ等を抱えるネタ学校。
おそらくここのテニス部で一番の人格者は海堂(悪魔化してたけど)か桃ちゃん先輩なんじゃないだろうか。


・戦闘力 ★★★★☆
・非常識度 ★★★★☆
・大正義度 ★★★★★

・一押しキャラクター 海堂





・不動峰中学校

初登場は地区大会とかなり初期から、そのまま全国大会まで駒を進める終始青学のライバルとして戦い続けた猛者。
先輩や顧問に虐げられた過去を持ち、橘さんの先導により強く結束し、直向きに戦う彼らの雄姿は涙無しでは語れない。
しかし作中では(彼ら自身も強化されてはいるが)次々強豪校にちぎって投げられるかませ犬的役割が与えられていた感が否めない。特に全国大会。
そしてテニススタイルもわりと真っ当なので殺人テニス的にはあまり目立ってないように思える。やっぱり全盛期は地区大会編か。

・戦闘力 ★★★☆☆
・非常識度 ★☆☆☆☆
・泥臭さ ★★★★☆

・一押しキャラクター 伊武





・聖ルドルフ学院

全国から選りすぐりの選手が集められている、自称「選ばれしエリート集団」なのに都大会敗退で早々に退場というふがいない成績を残した完全なかませ犬集団。
また作中で初めて戦闘不能による棄権に追い込まれたというある意味殺人テニスの先駆けのような結果を出している。
中でも店長こと観月には疑惑が多く、都大会ではぶち切れた不二兄に5ゲーム先取させてからの猛烈な逆転劇でボッコボコにされ、コンソレーションでは0-6で跡部様に惨敗しているにも関わらず新テニでは何故かU-17選抜メンバーとなっている。描写が少ないだけで実力ある設定なのかもしれないが、よくこんな戦績で選抜されたものである。部長の赤澤は全国区選手のはずなのだが影も形もないのに。
そのせいか他の中学生たちが上位コートで練習する中どういうことか1人下位の第9コートで燻っている始末。所詮不戦勝か。(ラッキー千石もだけど)

・戦闘力 ★★☆☆☆
・非常識度 ★☆☆☆☆
・エリート(笑)度 ★★★★☆

・一押しキャラクター 柳沢





・山吹中学校

南・東方ペアの通称「地味’s」、戦闘力こそ高いがそれ以上に地味な喜多、新渡戸、錦織や(主に千石のせいで)試合描写の一切存在しない室町など全体的に何かとパッとしない印象。でも全国区。
注目株は「ラッキー千石」ことハト千石と作中屈指の悪である亜久津だろう。
千石は一応ジュニア選抜経験者で全国区のはずなのだが作中では何かと引き立て役にされることの多いアンラッキーな立ち回りになってしまっている。
そして亜久津はテニスの強さもさることながら新テニにおいて壇からお守りを受け取るために素手で金網を引き裂くという芸当を行っているためコート外における戦闘力は全キャラ中ダントツなのではないかと思われる。

・戦闘力 ★★★☆☆
・非常識度 ★★★☆☆
・亜久津単体による戦闘力及び非常識度 ★★★★★

・一押しキャラクター 室町





・氷帝学園

なんといっても跡部様の存在が大きい。正直この人だけで氷帝の非常識度がかなり底上げされているといっても過言ではないほどである。
「氷の世界」や「破滅への輪舞曲(ロンド)」のような真面目に言ってるとしたらかなり失笑ものの美技の数々、「俺様の美技に酔いな」「ツルスケじゃねーの!」といった迷言は見逃せない。かつては自分がツルツルになったのに
最近では眼力(インサイト)が強化されたのかはよく分からないが、相手の弱点どころか骨格まで見通す能力に目覚めている。X線でも放射しているんですか?
しかしながら、ことあるごとに決められる面白ポーズアクロバット、焼肉の王子様における散り様、ブチャラティにしか見えない髪形を誇る向日も隠れたコメディリリーフとして大注目せざるをえない。個人的に。

・戦闘力 ★★★★☆
・非常識度 ★★★★☆
・跡部王国度 ★★★★★

・一押しキャラクター 樺地





・六角中学校

私がこのへんの原作の流れをあまり読み込んでないからだと思うが「仲良し潮干狩り集団」のイメージがとにかく強く、テニスの実力についてはあまり頭に残っていない。
とりあえず比嘉中にオジイを狙撃されたのにストレート負けはあまりにも情けなさすぎるぞ。
「楽しむテニス」をモットーにしていて殺人テニスは取り入れてないのが敗因か。

・戦闘力 ★★☆☆☆
・非常識度 ★☆☆☆☆
・仲良し度 ★★★★★

・一押しキャラクター 樹





・立海大学付属中学校

中一の段階で成長が止まってほしかった参謀こと柳、年齢詐称疑惑に定評のある真田、この作品におけるラスボスである大魔王幸村の通称「三強」を初めとし、赤目モードや悪魔化によって作中屈指の殺人テニスプレイヤーと成り果てる切原、公式から「この漫画がテニヌ化した原因」と言われている仁王など個性的過ぎるメンツを抱える学校。「常勝立海」は伊達ではない。
技方面も「ナックルサーブ」「ナパーム」「風林火陰山雷」「強制イップス」と殺人技が豊富に揃っている。
新テニでは切原の悪魔化が実は精神に著しい負担をかけることが発覚しこのままでは死んでしまうとまで言われるが、後に怒りの感情を抑えることで「天使化」という謎のモードに目覚めたり、真田からゴンさんのような黒い波動が出現したりと非常識具合も加速している。

・戦闘力 ★★★★★
・非常識度 ★★★★★
・ラスボス度 ★★★★★

・一押しキャラクター 仁王





・比嘉中学校

登場人物全員が沖縄武術の使い手というどう考えてもテニスとはまったく関係ない設定を持ち、部員全員が「縮地法」というコートのどこでも一歩で移動できるという物理とは一体?と疑問を持たざるをえない技を使いこなすかなり非常識レベルの高い学校。
六角のオジイや青学の竜崎先生(未遂)を狙撃したり、勝つために手段を選ばない体裁等完全なヒール。そもそも顧問からしてかなりのクズ。そして部長の異名はまさかの「殺し屋」
「殺し屋」こと部長の木手に関しては新テニにおいてダブルスで相方のブン太を背後から狙撃して3vs1の戦いにする相変わらずの非常っぷり。後に和解するが。

・戦闘力 ★★★★☆
・非常識度 ★★★★★
・悪役度 ★★★★★

・一押しキャラクター 知念





・四天宝寺中学校

この中学校、果ては「テニスの王子様」という漫画自体をあまり知らなくても、ネットユーザーなら誰もが聞いたことがあるだろう。「ワシの波動球は百八式まであるぞ」という名言を。
空想科学読本7にてこの「百八式」という技が検証されたことがあったが、それによると三式の時点で球速はマッハ16に到達、十二式で空気抵抗を無視すれば宇宙に飛び出すほどとなり、百八式となると直撃すれば直径13メートルの岩を粉砕することができるそうだ。これを耐えたタカさんの身体能力は一体……。
しかし遠山の技「超ウルトラグレートデリシャス大車輪山嵐」は銀師範曰く「百八式より危険」とされている。おそらくテニプリ史上最も高火力の技はこれなのではないだろうか。火力って何だ。
圧倒的パワープレイが目立つが、他にも「聖書(バイブル)」という恥ずかしい異名の白石、「浪速のスピードスター」とかいうもっと恥ずかしい異名の忍足(謙)、天才のはずなのに作中それっぽい描写がほとんど存在しない財前、ホモ漫才で相手を翻弄する金色&一氏と何かとネタに事欠かない強豪校。
ちなみにテニプリ作者の許斐先生は大阪出身である。

・戦闘力 ★★★★★
・非常識度 ★★★★★
・もう何がなんだか……度 ★★★★★

・一押しキャラクター 金色



……こう改めて見返してみるとテニスって何なんだろう感がますます強くなりますね。
個人的総括ですが、学校全体として最強級なのは立海か四天宝寺、単体火力として(テニス外含)最強は亜久津のように思えます。
何しろ中の人はテニヌ歴としてはまだまだにわか級なので見落としが多くなっていますが、これからまた読み進めていく中で新たな非常識っぷりを見つけていけたらと思います。



しかしネトゲがまったく関係ない記事になってしまったな。
スポンサーサイト

砂祭りというか最早不具合祭りな気がする | トップページへ戻る | イベント参加してきたのにまさかの無SS記事

このページのトップに戻る

コメント

まさかのテニスの王子様まとめ記事wwwww
非常識度を学校ごとにまとめてみると本当面白いですね!

個人的には跡部様&樺地きゅんが大好きですが、非常識度で言うと菊丸の印象が大きいですね!
連載が続くに連れ、どんどん非常識度が増していったこの作品ですけど、完全に狂い始めたターニングポイントは菊丸くんが分身し始めたとこらへんだと思います・・・(`-ω-´)

>こおしんさん

読んでいるうちにまとめたい欲求が沸いてきた結果です。
こうしてみると意外と常識的なテニスをしているところも少なくないんですね……目立ってるかはさておき。

樺地君いいですよね!私も彼は大好きなキャラです!
菊丸のあれは初見時に作品間違えたかな?と思ったくらいぶっ飛んでましたね。高速移動で分裂してるのかと思ったら何やらお互い物理的干渉もしているし……。
個人的にはインパクトでかかったのはやはり恐竜滅亡ですが……

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

プロフィール

斧塚咲季

Author:斧塚咲季
MMORPG「マビノギ」のルエリ→タルラークサーバー、MORPG「PHANTASY STAR ONLINE2」ship9を中心に活動するマイキャラたちのフリーダム日記帳。

ブログ紹介
マビノギキャラクター紹介
PSO2キャラクター紹介



危険なTwitter
(テニプリ中心雑多)

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

カウンター

10万HIT!感謝!
powered by StrayFox~まいごのきつね~

蝶が舞うリースの時計

web本棚

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。