トップ  >  スポンサー広告  >  スポンサーサイト  >  最強チーム  >  【最強チーム】カノン星人の逆襲

スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久々トレース落書き | トップページへ戻る | 宝くじ(いいものが当たるとは言っていない)

このページのトップに戻る

【最強チーム】カノン星人の逆襲

2015年11月30日

ハノーヒーハフー。(訳:地球人は皆殺しだ)

今回の最強チーム、リーダーは神の子幸村精市、チーム名は「カノン星人の逆襲」です。完全に空耳ミュージカルネタ。
以前ステータスオールSSの室町十次君というものを作成しているんですけど、当時このゲームのシステムにあまり慣れておらず私の育成采配がカス以下だったためあまり納得行かない結果に終わっているんですよ。
ということで作り直します。目標はステータスカンスト+技リストをできるだけ強技で固めるでいきます。
この「強技」というのもかなり基準があやふやになるんですけど、これまで遊んできて実感している中でいうとサーブなら「ナックルサーブ」リターンなら「パトリオットリターン」ショットなら「奥伝・壁添」「レーザービーム」「セレスティアルボレー」辺りでしょうか。
結構ランダム要素もあるので今後どうなるかは分かりませんが、まぁ神の子なら何とかしてくれるでしょう。

幸村「立海だけにとらわれず、視野を広げて強くてバランスの取れたチームを作らないと。これはなかなか難しいぞ…。」

意気込んでるところ申し訳ないのですが今回の君の仕事は山吹の逆パンダ一極集中のチームを作ることです。


第1週。

幸村「ねぇ、俺のチームに入ってくれないかい?絶対に、損はさせないよ。」
室町「うーん…。まあ取りあえず入っておきます。しばらく様子見させてもらいますよ。」

怪しい宗教みたいな勧誘であっさり室町君ゲット。幸村リーダーで断ってくるやつはおそらく例の白菜だけなのでここは心配する必要はありません。
とりあえず育成方針はさっさとテクニックをカンストさせて走り込み練習をさせ、フットワークとパワーを特別練習で鍛えていこうかと考えています。
テクニックSSになるまではひたすらロ部。


第2週。
正直残りのメンバーは誰でもいいんですけど、育成のしやすさを考えて定石どおり立海のメンバーで固めていきます。
最初に「立海だけにとらわれず」とか言ってたのは一体何だったのか。
たしか以前SS室町を作ったときのメンバーは真田、柳、柳生だったので、今回は真田はそのままであとの2人は赤也、ブン太を入れたいと思います。
とりあえずこの週で副武将ゲット。誘われて着いていったら山吹の知らない奴がいて無茶苦茶驚いたに違いない。

千石「あれ、室町くんもこのチームなんだ。だったら俺も入れてくれない?」

お前……。

さっさと帰ってもらったのですが、その翌日

室町「うっ…。足を痛めちまったみたいだな。」

む、室町君ーー!!何これ、千石の呪い?


第3週。
2年エース、切原赤也を勧誘。
これで室町君にも2年の仲間ができたかな。仲良くしてくれると嬉しいです。






今更なことなんですが、開始前にあらかじめPS2の日付をいじくって10月31日に合わせ、室町君にアビリティ「誕生日」を付けておきました。たしか練習効率が上がる効果があったはず。
このとき室町君の初期アビリティを初めて見たのですが「ジャンピングショット」なんて持っているんですね。ジャンピング……虎砲……うっ頭が。


第4週。
ピッグ丸井ブン太を勧誘。何気にこれまでのプレーでも初めての勧誘かもしれない。
これでメンバーは全員揃ったので次週からはひたすら特別練習。


第5週。
とりあえずショットターゲットでテクニックカンストを目指します。
これで室町君のテクニックはAに成長、さらに平日練習でSになりました。なんかすごい順調だな。

そして室町君の練習法提案によりダッシュの練習レベルが1段階上昇。ナイス。
同時に「切原と気が合わないから何とかしてくれ」とも言われてしまいました、2年同士仲良くやってよ。


第6週。
テクニックがSSになり、さらに追加練習のおかげでアビリティ「動体視力」「アングル」ゲット。
だんだん千石さん化してきているように思えますが気にしないことにします。
わりとあっさりテクニックがカンストしたので練習をロブ中心から「走り込み」に、特別練習はパワーストロークに切り替えていきます。


第7週。
ということで特別練習はパワーストローク。
室町君がダッシュレベルを上げてくれたからフットワークはこれでも補えることもあるのですが、パワーストロークは追加練習がメモれば一番簡単に最高結果を出せるので楽なんですよね。
現在のパワーがEなのでSSまでわりと長い道のり。そしてセーブ&ロード地獄の幕開けです。
今週はストレートで追加が発生してくれたのでロードの必要はありませんでした。


第8週。
今回もストレートで追加練習発生。アビリティ「パワーストローカー」ゲット。
なんか順調すぎてこのあととんでもない展開が待っていそうで怖い。


第9週。
やはり追加練習発生。これってあまり発生しないような印象があるのですが……。
ここで室町君がアビリティ「限界」を抱えてしまいました。

室町「ふぅ…、いろんな練習法を試してみたけどどれも手応えないんだよなあ。どうすればいいんだ?」

この時点で彼のステータスはフットワーク以外かなり人外の領域に入ってきているので「手応えない」なんてことはないと思うんですけど。
テニヌ界ではこれすら生温いとでも言うのか。


第10週。
限界を解消させます。が、ここはプレーヤー操作で相手に勝たなくてはいけません。
私がテニスゲーム超絶下手糞なせいで勝てるかどうか分からないため、実はここが今プレー中最大の難関と言っていいと思います。
しかし今回はフットワークが全然ダメな室町君相手だったので1点落とした程度で勝つことができました。
なんとなく切原を操作したのですが、対戦後に「へぇー、君ってこんなに弱かったんだ」的なことを言ってました。チームメンバーを煽るな。

室町「うん、何か掴めた気がします。あなたのおかげですね。ありがとうございました。」

そんな煽りにも負けない室町君。無事「限界」を克服。

平日練習中、赤也が足を痛めて「古傷」を抱えてしまいました。
まずい、これは九州に逃げられてしまうパターンなのではないか。


第11週。
残り10週になったので一度各員のステータス、ついでに友情度を確認してみました。







真田が化け物すぎ。







嫌われすぎ。


第12週。
室町君のパワーがようやくSSに到達しました。
普段の走り込み練習のおかげで気付けばスタミナ&メンタルもカンスト間近。大会中の秘密特訓も考慮すれば少しは遊びに行っても問題なさそうなペースです。
この調子なら技習得の時間も少し多めに取れそうかな。


第13週。
室町君のステータスがフットワークを残してオールSSという超テニヌ人状態になってしまいました。
なのでここからはひたすらフットワークを高めていく作業になります。


第14週。



2週間足らずでフットワークカンスト。オールSS達成しました。
序盤にあった室町君のイベント、さらに夜道イベント(幽霊が怖いみたいなやつ)で菊丸が出てきてくれたおかげでダッシュレベルが3に到達していたのが相当大きかったです。
残り7週間たっぷり技習得に注ぎこめることになりました。このステータスなら大抵何でも1週間で覚えられるはず、さて何を持たせようかな。


第17週。
ダイジョーブ乾に遭遇。
特に何も考えずに室町君に飲ませる危険行為の末まさかの成功、アビリティ「鉄壁」をゲットしました。
千石さんのラッキーの加護が憑いているとでもいうのか。


第20週。





みっちり技習得をしまくった結果、室町君の技リストはこんな感じになりました。
「シャドウムーン」を「セレスティアルボレー」に置き換えてもよかったのですが、これはこれでわりと決まる印象があるし室町君の要素を全削除するのもちょっとどうかと思ったので残留させました。

ちなみにリーダーの幸村は試合には出られないため適当な技を覚えさせていった結果





かなり適当な構成になりました。


大会一回戦。
東方、石田、鳳、樺地「立ちはだかる壁」
このチーム名は身長に言及したもので別に強さのことではないと思います。

ダブルス:真田・ブン太vs石田・鳳
ブン太が終始ワンダーキャッスル的な動きをしていて真田の「俺に任せろ!」を完全に無視してました。真田さん結局最後まで何もしてなかったし。

シングルス2:室町vs樺地
今回室町君はシングルス2から動かさないつもりです。
相手が樺地だからコピーされるとちょっとまずいかな、と思いましたが完全に杞憂でした。普通にテニスやって勝ちました。
違うやん……いろいろ覚えさせたやん……。


大会二回戦。
跡部、佐伯、菊丸、千石「眼力王」

ダブルス:真田・赤也vs菊丸・佐伯
対戦前の会話。
真田「二回戦だな」
赤也「言うことが渋いっすねぇ~!」
全然そんなことない。

試合はというと赤也のナパームで無駄様が死亡しました。まさに無駄死に。

シングルス2:室町vs千石
なんかよく見る気がする組み合わせ。
KO一歩手前で「ナパーム」が発動し「あっ……」と思いましたが千石さんが執念で逃げたので2試合連続KO勝利とはなりませんでした。


準決勝。
木更津亮、木更津淳、不二裕太、不二周助「兄弟船」

ダブルス:ブン太・赤也vs双子
「ホーネットアサルト」「ホーネットグライド」に何の意味があるのか誰か教えて欲しい。
アサルトで前に出たあとで普通に横抜かれてるのはさすがに悲しすぎる。

シングルス2:室町vs裕太
こちらの友情度が壊滅しているせいで気力レベル1から始まってしまうので、せっかく気力が溜まっても「ディフェンスO」が発動してから次の必殺技までの間に普通のテニスで勝ってしまい、結果気力レベルも上がりにくいというのは悩みどころ。


決勝戦。
南次郎、葵、桜乃、壇、リョーマ。何だろうこれ、「チーム事案発生」とか?
正確なチーム名は「お父さんがんばる」

ダブルス:ブン太・真田vs葵・桜乃
向こうの剣太郎の気力レベルが最初から異常に高くてびびりました。調べてみたらどうやら向こうのチームは友情度100%な上に剣太郎はアビリティ「本気」のおかげでメンタルがSに引き上げられているらしい。
相手が全員「古今無双」(ショット技。無茶苦茶強い)を持っているという情報や、まさかの桜乃ちゃんにサービスエースを取られるというぶったるんだ試合展開のせいでかなり不安になりましたが、なんとか勝利。

シングルス2:室町vs壇
いかんでしょ。
しかし予想外に壇君に健闘され、弱イップス「わわっ真っ暗だっ」が「ディフェンスO」で無効化できないという事実にびっくりしました。さすが次期魔王候補。
それでも壇君はスタミナが悲しいくらいに少ないので試合中すぐに体力が枯渇してしまい、あわやナパームで殺害未遂まで追い込まれていました。何だこの決勝戦。



とにかく決勝戦が後輩を殺害してKO勝利、という事態にならず何よりです。
オールSS室町君育成リベンジ編でしたが、今回かなり順調に進められたと思います。
今思えばパワー引き上げを特別練習ではなく大会前秘密特訓に回せば、その分技習得にもう少し時間割けたかな、と残念な面もありますが、個人的には概ね満足のいく結果となりました。
あと地味にラッキーな出来事が多かった(追加練習の発生率、ダッシュの練習レベル引き上げ、乾汁等)のはやはり千石さんの影がちらついていたからのような……。







次は誰を魔王の道に引き込むか、また考えておくことにします。
スポンサーサイト

久々トレース落書き | トップページへ戻る | 宝くじ(いいものが当たるとは言っていない)

このページのトップに戻る

プロフィール

斧塚咲季

Author:斧塚咲季
MMORPG「マビノギ」のルエリ→タルラークサーバー、MORPG「PHANTASY STAR ONLINE2」ship9を中心に活動するマイキャラたちのフリーダム日記帳。

ブログ紹介
マビノギキャラクター紹介
PSO2キャラクター紹介



危険なTwitter
(テニプリ中心雑多)

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

カウンター

10万HIT!感謝!
powered by StrayFox~まいごのきつね~

蝶が舞うリースの時計

web本棚

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。